就労支援事業

多機能型事業所ライフステーション+(プラス)

就労支援事業は・・・

ライフステーション・あいちが運営している、多機能型事業所ライフステーション+(プラス)では、障がいやひきこもりなどで、なかなか就労できない方のために、国の各種制度を利用して、就労支援を行っています。
  • 働きたいけど、障がいのため働くことができない方
  • 働けないから、仕方なく家に引き籠っているけど、これではダメだと思っている方
  • 家にばかり籠っていると、生活が乱れて困ると思っている方
以上の方のために支援をしてまいります。

支援方法

相談・カウンセリング

「今の心境」「してみたいこと」「希望すること」など気軽にお話をさせていただきます。当法人事務所にて随時行っています。
年齢制限は、特にございません。

電話相談

人見知りがあって面と向かって話すのが苦手な方、近所に今の状態が知れるのは気が引けるという方、電話での受付をしておりますので、ご利用ください。
電話番号は、052-912-2311になります。
受付時間 月・木 10時~17時です。

訪問カウンセリング

事情があって来所が困難な利用者様やご家族に、法人スタッフがご自宅を訪問し相談やカウンセリングに応じます。
※ただし、訪問先への交通費は実費負担をおねがいします。

国の各種支援制度の紹介

ライフステーション+では、各種国の制度を利用して、就労移行支援を行っています。

就労継続支援事業B型(非雇用型)

次のことでお悩みの方は、就労継続支援事業B型をご利用ください。
  • 就労移行支援期間が過ぎてしまったが、いまだに就労ができない。
  • 障がいを持ち50歳を越えてしまったが、就労する意欲がある。
生産活動・その他の活動の機会を提供し、就労に必要な知識と能力の向上のために必要な訓練・その他必要な支援を行うサービスです。

対象者

  • 障がいをお持ちの方で、就労移行支援事業等を利用したが、一般企業の雇用に結びつかない方
  • 障がいをお持ちの方で、一定年齢に達している方などであって、就労の機会等を通じ、知識及び能力の向上や維持が期待できる方
以上すべてに当てはまる方。例えば、
① 企業等や就労継続支援事業A型(雇用型)の就労経験があるものであって、年齢や体力の面で就労されることが困難となった方
② 就労移行支援事業を利用したが、企業等または就労継続支援事業A型(雇用型)の雇用に結びつかなかった方
③ ①、②に該当しない方であって50歳に達している方、または試行の結果、企業等の雇用、就労継続支援事業A型(雇用型)の利用が困難と判断された方

支援機関・協力関係

ライフステーション+では、下記の皆様の協力を得て、就労支援を行っています。

セカンドハーベスト名古屋

賞味期限が迫った商品を提供してもらっています。

柳原通商店街

商店街のイベントへ参加しています。名古屋場所期間のみ使用する千賀ノ浦部屋宿舎など、地域の方々の持ち家を無償で貸してもらっています。地域の方々との人的交流を行っています。

そのほか

利用者様支援のイベントを共同で開催しています。他の支援団体の事業、たとえば沖縄県石垣島の野外体験事業などに、利用者様の参加をすることができます。
利用者様の情報交換・紹介等の人的交流をしています。
各種企業訪問など、インターンシップの機会を提供してもらっています。

ライフの支援内容

概要

居場所提供

利用者様同士の交流と仲間作りの場として、また就労のための情報提供や就労活動の合間の休憩所として法人施設の部屋を提供しています。いろんな考えをもった、いろんな世代の方が集まっていますので、狭い考えになりがちな若者に、いろんな視野を持つ機会となります。何か困ったことがあればスタッフが応援します。

経験や体験のできる場の創出

ライフのカフェ部門ともいえる「リトルターン御土居下」での調理の手伝いや配膳、通称「内職」と呼ばれる手作業、提携農園の農作業の手伝い、そして自主的なパソコン実習を通して、実際に体を動かしみんなと一緒に労働をしていく中で就労意欲を喚起し、自主的な就職活動ができるようになることを目指しています。スタッフが状態を判断して可能なときに随時お手伝いします。
そして、そこでの学びを通じて「自らを見つめ」「社会を見つめ」「他者を見つめ」生き方を模索する能力を養います。
そして、そこでの学びを通じて「自らを見つめ」「社会を見つめ」「他者を見つめ」生き方を模索する能力を養います。

ライフの1日

ライフステーション+の利用者は、いまどんな一日を送っているでしょうか?ちょっとのぞいてみましょう。

内職作業

最近、ライフではいわゆる内職作業に精を出しています。ねじ部品の検品・包装に始まり、今ではおもちゃの水鉄砲の検品や包装のしなおしまで任されるようになりました。
的確な作業で、お客様の信頼をいただくようになりました。

カフェ「リトルターン御土居下」での作業

リトルターン御土居下は、現在はカフェとして模様替えし、ランチ主体の営業を行っています。リトルでは、ランチ担当の職員のお手伝いをして、前準備や後片付けに精を出しております。
そのおかげもあり、徐々にお客様も増えています。

農作業

稲沢のフジタ農園およびライフステーション農園での、農作業の手伝いをしております。
自分のまいた種が、見覚えのある野菜に育ち、収穫する作業に充実感を覚えております。
なお、できた野菜は、リトルターン御土居下のメニューに使用したり、店内で販売したりなどしており、皆に好評です。

パソコン作業

最近は、将来の就職に役に立つWordやExcelの勉強をしに見える方もいます。独習というスタイルになりますが、わからないことがあったら教えてくれる人がそばにおり、心強さがあるでしょう。
ちなみに、このホームページ作成もパソコン作業の一環です。

終わりに

以上、ライフステーション+の利用者の一日をお送りいたしました。みんなが、来るべき再就職のために、集中力や対人スキル、そして技術を磨いております。
まだ未熟な面はあると思いますが、ここでの経験が彼らの人生上の糧となっております。
至らない点もございましょうが、暖かく見守ってやってください。

住所

就労継続支援事業B型(非雇用型)

462-0845名古屋市北区柳原四丁目4番4号 中杉ビル2階
電話番号 052-912-2311
FAX番号 052-912-2316
電子メール